訪問診療の現場では看護師も同行する

医師は、病気を治すためのたくさんの訓練を受けています。
ですから無意識のうちの病気にばかり目がいってしまいがちです。
しかし、在宅医療の医師が本当に目を向けなければならないのは、患者の生活や人生です。
この視点というのは、看護師がもっとも専門にしている部分です。
看護師は、療養上の世話も仕事のひとつであり、法律で認められています。
看護師だからこその生活を支えるという視点が、在宅医療の現場ではとても重要です。
看護師が医師に同行することで、医師が見落としてしまいがちな部分をうめることができるのでないかという考えから、原則として、訪問診療に看護師が同行するという体制をつくっている医療機関も多くあります。
看護師は診察の際に、医師に意見を伝えたり、不安そうな家族に寄り添い話を聞いたりして、看護という観点からフォローします。
また、医師がカルテ記入をしている間に、関係者へ連絡するなど連絡窓口としての役割も果たしており、看護師が窓口になるからこそスムーズに行くことも多いです。